Author : danna (だんな) / danna_story
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。
You can't translate and re-upload my novel without my permission.please contact me
Permission : 月色世界 2 3

Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。応援していただければ嬉しいです。

PixivFanboxもやっております。 PixivFanbox
こちらは月額100円から入れます。
その月の支援作品はこちらでも閲覧することができます。
Fanbox先行、限定の小説もありますのでこちらもおすすめです。

5月の作品を公開しました Booth
中年♂と新入社員♀が入れ替わった後のお話

Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2020/06/01

フトマロの首輪

「…あんたなの、このふざけた手紙よこしたの」

私は目の前の男に向かって白い封筒を投げる。
理科室の机をすぅと滑って男の前に止まった。

「全く…お前みたいなやつが差出人だってわかってたら来なかったのに…。一応聞いてやるけど、なんの用なの?告白とかなら間に合ってんだけど」
「………」