Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。

Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese.
You can't translate and re-upload my novel without my permission.please contact me

Permission : 月色世界


Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。


[7月の作品] 憧れの少女のすべてを奪い取った結果 Booth
[8月の作品] ある日を境に訪れた、身体だけが徐々に入れ替わっていくお話 Booth
[9月の作品] 健康診断でレンタルボディ Booth
[10月の作品] 白い部屋 Booth
[11月の作品] 冒険者が魔物の身体にされてしまったお話 Booth
Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2019/11/18

自由に入れ替われる2人

「ちょっと!!」

ドン、と大きな音と叫び声と共に教室の扉が開く。
そこにはゼエゼエと顔を赤くしつつ息を切らせた男子生徒。

その男子生徒の視線の先には、男子生徒に混じってスマホで遊んでいる女子生徒の姿があった。ポニーテールな髪型のその少女は一般的には美少女、と呼ばれて差し支えないほどの見た目をしている。

「お、サツキ悪い悪い!休み時間にゲームするって約束だったんだけど、急にウンコ行きたくなっちゃってさあ」

サツキと呼ばれた男子学生はその汚い言葉をあっけらかんと口にする少女(ユキ)を呆れた顔で見る。
周りの男子生徒たちはそのやり取りをいつものことだと思って気にしていない。
ヒソヒソと耳元でささやくサツキ。

(いいから!早くもとに戻しなさい!)
(いまそれがさ、いいところなんだよ。休み時間終わったら戻すからさあ)

そう言いながら椅子に乱雑に座っていた足を組み直す。
そこからチラリと健康的な太ももが露出する。
男子生徒たちの視線はその一瞬を見逃さない。

(ち、ちょっと。スカートから見えちゃうから…!)
(あー。わかった、わかったよ)

女子生徒が目をつぶって何かを念じる。
その数秒後、女子生徒が再び目を開き、現状を確認すると慌ててスカートの裾や姿勢の乱れを正した。
机の上に置かれたスマホをサツキが受け取ると、引き続いてゲームを続ける。
仲間の学生たちは、ゲームを代わりにやっていたいつもののこと、と思っている。

そう、サツキと呼ばれた男子生徒と、この女子生徒。
この2人はお互いの身体を交換できてしまうのだった。

家が隣で幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた2人。
その能力に気がついたのは小学生の頃。
そして高校生になった今に至るまでその不思議な現象は続いている。

「またゲームを代わりにやってあげたの?ユキのお人好しにもここに極まれりね」
「え…うん、そ、そうね」
「いい加減ビシっと言ってあげなきゃダメよ?」

ユキは男たちの群れから離れていつもの友達のところへ戻る。
そしていつもどおりに幼馴染への苦言と愚痴を展開するのだった。
ユキがその能力に対して本気で嫌がらないのには理由がある。
実はこの能力はどちらか一方が願い、もう片方が許諾しなければ発動しない入れ替わりなのだ。
今日は入れ替わった瞬間に男子トイレでパンツをおろした状態で座っているのにはさすがに驚いたのだが。

---

(…サツキ。今日から…いい?)

その数日後の夜。
ユキはベッドに寝ている状態で願う。
入れ替わりたい、と。
その願いは隣の家の幼馴染の脳内に届く。

徳田サツキはユキのその願いを断ったことはない。
返事の声が聞こえることもなく、そのまますっと入れ替わりは完了した。
どうやらサツキはテレビを見ながら筋トレをしていたようだ。
飄々としているようで、こうした自己鍛錬を欠かしていない。
寝る気満々だったユキだが、運動しはじめたばかりの身体はその欲求が0に近い。
しかたなくユキはサツキから聞いている筋トレの内容をこなすのだった。

(ん…。ああ、もう寝るところだったのか)

一方のサツキは急に真っ暗になって、シンと静まり返った部屋で横になっていることを把握する。
部屋は十分に温まって入るが、冷え性なユキの足先は冷たい。

「まったく…靴下履けっていつもいってるのに」

クローゼットから靴下を数枚取り出して履く。
その最中にじんわりと感じめた、お腹の痛み。
これが明日にでもなれば、歩くことすら苦痛になる痛みへと発展する。

ユキはその活発な見た目とは裏腹に、身体がそこまで強くない。
…そして生理がとてつもなく辛い。
薬が効きにくい体質なのか、痛み止めを飲んでもあの状態である。
思い返すだけで憂鬱にはなるが、サツキは弱音を吐かない。
なぜならこれは約束だから。
数年前に始まった生理が辛くて辛くてベッドの中で泣いていた彼女を守るために結んだ約束だから。

ユキの辛いときにはいつでも身代わりになる。
この入れ替わりの能力を使ってもいい、俺は拒否しない。
だが、そんな一方的な犠牲の押し付けはユキは承諾しなかった。
だから代わりに俺は、いつでもユキの身体を使わせてくれ、と言った。

その成立した約束をユキは律儀に守ってくれる。
だから、どんなタイミングでも俺の入れ替わりの願いを承諾してくれる。
俺はその能力を悪用するつもりはない。まあ、たまに好きな子をいじめるような、そんないたずらを仕掛けることもあるが。プールでの入れ替わりのときは戻ったときには少し泣きそうな顔をしていた。あれは悪いことをした。

ユキもそれをわかっていて受け入れる。
俺がユキの身体で真に酷いことはしない、という信頼がそこにはある。
俺はユキが入れ替わりを躊躇しないように、良心の呵責を覚えないように適度な入れ替わりを要求する。

「うー…いたっ…」

お腹をさすりながら、ゴロリ、と回転して楽な姿勢を探す。
うーん、そうだ次の入れ替わりの時は普段ユキが着ないような服を着てみようかな。フリフリのドレスなんか意外とお人形さんみたいで可愛いんじゃないだろうか。
そんなことを考えて気を紛らわさせ、睡眠に入るのだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿