Author : danna (だんな) / danna_story
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。
You can't translate and re-upload my novel without my permission.please contact me
Permission : 月色世界 2 3

Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。応援していただければ嬉しいです。

PixivFanboxもやっております。 PixivFanbox
こちらは月額100円から入れます。
その月の支援作品はこちらでも閲覧することができます。
Fanbox先行、限定の小説もありますのでこちらもおすすめです。

5月の作品を公開しました Booth
中年♂と新入社員♀が入れ替わった後のお話

Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2019/10/01

10月の支援作品です。

10月の支援作品です。

久しぶりにTSFではないお話となりました。
真面目な少女の容姿や口調が無様に変化させられ、最終的に怪しげな不思議器具まで取り付けられてしまうそんなお話です。

人気次第では後日談書きたい、と思ってます。
以下少しサンプル

ーーー

「…目を見てください。目」
「……目?それがいったいなんだって…ひっ」

一瞬見えたその恐ろしい光景に鏡を落としそうになる。
見慣れた自分の目。その中にある瞳孔。
その瞳孔が見慣れた黒ではなく、ピンク色に変わっていたのだった。
それだけではない。ほぼ円であるはずのその形は少しひしゃげてまるでハートマークのように変形していた。

「両目にハートをあしらってみましたっ」
「え……?なにこれ。こ、コンタクト?」

あはは、と無邪気に笑う佐伯さん。

「やだなあ、そんなチャッチな物を願うわけないじゃないですか。正真正銘、真壁さんの瞳孔が変化したんですよ。これなら持ち帰れるし、ずっとそのハートマークをつけて生活していくことができますね。あ、感情が高ぶれば高ぶるほど、瞳孔のピンク色は鮮やかになっていくんですよ!すごいですよね!」

冗談じゃない。こんな漫画みたいな目。

「あと、快感を感じた時に瞳孔のハートは数倍にまで大きくなりますよ!これでセックスのときに相手が悩むことはなくなりますね!」


https://dnstory.booth.pm/items/1589061

0 件のコメント:

コメントを投稿