Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
(Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese )

Boothにて支援商品を掲載しております。
全品100円です。

[5月の作品] (TF) 豚化小説 Booth
[5月の作品] (部分交換) チェンジ・コンプレックス Booth
[6月の作品] (TSF)青いリボンから始まる俺の人生 Booth
[7月の作品] (入れ替わり) 私⇔ダッチワイフ Booth
[8月の作品] (部分交換/入れ替わり) 彼女の入れ替えアプリBooth
[9月の作品] 強制ダイエット / 転生症Booth
[10月の作品] 僕達兄妹には不思議な能力がある / 交通事故で日替わり憑依 Booth
[12月の作品] 名札バトルロイヤル Booth
[1月の作品] 実は人類は負けていました / 神様はいつもあなたのそばに Booth
[2月の作品]
健全な精神は健全な肉体に宿るべきBooth
[3月の作品]
徐々に女の子になっていったら、困ると思ったのに Booth
[4月の作品] クロス・ロード Booth
[5月の作品] 騎士団長がおてんば姫になって少し苦労するお話 Booth
[6月の作品] おやすみ
[7月の作品] 憧れの少女のすべてを奪い取った結果 Booth
[8月の作品] ある日を境に訪れた、身体だけが徐々に入れ替わっていくお話 Booth
[9月の作品] 健康診断でレンタルボディ Booth
[10月の作品] 白い部屋 Booth

Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2019/10/16

短編 無防備魔法少女

この世界に魔法少女は多く存在する。

その可愛らしくも美しい少女たちは、人類を脅かす魔人達を倒し平和をもたらす力でもあり、象徴でもあった。

2019/10/01

10月の支援作品です。

10月の支援作品です。

久しぶりにTSFではないお話となりました。
真面目な少女の容姿や口調が無様に変化させられ、最終的に怪しげな不思議器具まで取り付けられてしまうそんなお話です。

人気次第では後日談書きたい、と思ってます。
以下少しサンプル

ーーー

「…目を見てください。目」
「……目?それがいったいなんだって…ひっ」

一瞬見えたその恐ろしい光景に鏡を落としそうになる。
見慣れた自分の目。その中にある瞳孔。
その瞳孔が見慣れた黒ではなく、ピンク色に変わっていたのだった。
それだけではない。ほぼ円であるはずのその形は少しひしゃげてまるでハートマークのように変形していた。

「両目にハートをあしらってみましたっ」
「え……?なにこれ。こ、コンタクト?」

あはは、と無邪気に笑う佐伯さん。

「やだなあ、そんなチャッチな物を願うわけないじゃないですか。正真正銘、真壁さんの瞳孔が変化したんですよ。これなら持ち帰れるし、ずっとそのハートマークをつけて生活していくことができますね。あ、感情が高ぶれば高ぶるほど、瞳孔のピンク色は鮮やかになっていくんですよ!すごいですよね!」

冗談じゃない。こんな漫画みたいな目。

「あと、快感を感じた時に瞳孔のハートは数倍にまで大きくなりますよ!これでセックスのときに相手が悩むことはなくなりますね!」


https://dnstory.booth.pm/items/1589061