Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。

Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese.
You can't translate and re-upload my novel without my permission.please contact me

Permission : 月色世界


Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。


[7月の作品] 憧れの少女のすべてを奪い取った結果 Booth
[8月の作品] ある日を境に訪れた、身体だけが徐々に入れ替わっていくお話 Booth
[9月の作品] 健康診断でレンタルボディ Booth
[10月の作品] 白い部屋 Booth
[11月の作品] 冒険者が魔物の身体にされてしまったお話 Booth
Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2019/09/01

9月の支援作品

9月の支援作品です。

多分全年齢。 
レンタルボディの設定を利用したシェアワールドストーリーですが、レンタルボディが実用化される前の研究段階でごく一部だけに利用されていた…という設定です。 

 高校生を娘にもつ父親の清彦が、とある出来事によって同じ年頃・性別のボディになってしまったら? 
そんなお話です。

以下少しサンプル





「えっ…誰!?」

そんな彼女が驚いたような声がリビングに響く。
父親の前ではここ数年、聞いたことのないような素の声。
そのリビングには父親である清彦がソファに横になってテレビを見ているだけなのだが。

「え…私の友達…じゃないよね。お母さんの知り合い?親戚?」

訝しげに清彦をジロジロと見つめる彩葉。
清彦は自宅だというのになぜか肩身の狭い思いを感じて、寝転がった姿勢をやめて、ソファに足を揃えてきちんと座り、双葉に助けを求めるような目を向ける。
キッチンで夕飯の準備をしている妻の双葉が苦笑いして代わりに答える。

「その子ね…お父さんよ」
「はっ?お父さんの隠し子?」

違う。どうしてそうなる。
清彦はめんどくさそうに、そして照れを隠すようにして冷静に話す。

「私だ。清彦だよ。…君のお父さんだ」
「はっ…?」

素っ頓狂な声。
先程、初めて清彦を見た妻と全く同じ反応に私は思わず笑ってしまう。
まあ、自分と似たような年齢の少女が、父親だと言われたら誰だって混乱するだろう。

「えっ?これお父さん?むっちゃ可愛いじゃん…。ショック…」
「どこにショックを受けているんだ…」
「ね?清彦さんったらすごい若くなっちゃって…私もちょっとショック」

0 件のコメント:

コメントを投稿