Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。

Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese.
You can't translate and re-upload my novel without my permission.please contact me

Permission : 月色世界


Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。


[7月の作品] 憧れの少女のすべてを奪い取った結果 Booth
[8月の作品] ある日を境に訪れた、身体だけが徐々に入れ替わっていくお話 Booth
[9月の作品] 健康診断でレンタルボディ Booth
[10月の作品] 白い部屋 Booth
[11月の作品] 冒険者が魔物の身体にされてしまったお話 Booth
Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2019/08/05

だんだん、徐々に、着々と。(4)

(首から下を入れ替えてくれ)

「承知した」

一瞬、部屋に小さな風が巻き起こった…と思った。
だが部屋の物は微動だにしていない。
おそらくこれが魔人の力の一端なのだろう。

俺の身体にもたれかかるようにしていた桜子の身体が、バランスを失ったかのように俺の背中をすべるように傾き、床に倒れた。

それもそうだ。
今の彼女の身体には筋肉や骨というものは一切存在しないからだ。

「ご、ごめん。起こしてくれる?」

だが桜子はその異常に全く気が付かない。
自分の身体が人形である、ということを至極当然のものとして受け入れている。

俺は彼女を抱き上げる。
体重は、更に軽くなっているだろうか。
制服の下からは鼻につくゴムの匂いが漂ってくる。
制服から覗く手や足は、真っ赤なゴムと成り果てていた。

俺はベッドに桜子を寝かせると、スカートをや制服のホックを外していく。
桜子は顔を赤らめている。
俺にされることを受け入れている様子。
…まあ反抗する方法を彼女は持たないのだけど。
シャツも下着もすべてを払いのけると、そこには顔だけが生身の奇妙な人形が現れたのだった。

(お、おおおっ…)

桜子はじっと裸体を見られているのが恥ずかしいのか、顔と首から身体をよじろうとしているのがわかる。

だが彼女の神経が一切通っていない身体は、桜子をそこに拘束しつづける。

「大丈夫、かわいいよ」

彼女にまたがり、頭部をなでてやる。

「でも、私…こんな身体だし」

魔人の記憶への干渉力というのは凄まじいようだ。
つい数分前まで自由に動いていたにもかかわらず、今の彼女はおそらく「ずっと」この身体だった、という認識に書き換えられている。
この認識を解除するのも一興だが…はてさて。
股間にあるゴムとゴムで挟まれた穴にふれると、彼女がきゅっと目をつむる。触られている感覚はどうやらあるようだ。
…そこにはどうみてもぽっかりと、用途が1つしかない丸い穴があいているだけなのだが。


2 件のコメント:

  1. キターーーーー
    桜子さんの視点は気になりますね

    返信削除
  2. もし次の変化があれば,それは全身変化でしょうか。 次もとても楽しみです。

    返信削除