Author : danna (だんな) / danna_story
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。
You can't translate and re-upload my novels without my permission. please contact me.
Permission : 月色世界 2 3

Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。応援していただければ嬉しいです。
2020年7月の作品まで公開されております。

PixivFanboxもやっております。 PixivFanbox
こちらは月額100円から入れるサブスク系のサービスです。その月の支援作品はこちらでも閲覧することができます。
また、BlogやPixivより先行して公開される、一部は限定作品となるため、多く・早く読みたい方におすすめです。

Boost、fanboxでご支援いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。

Artifact Code : 'welcomeMySite' (アポストロフィは不要です)

2019/02/28

あらゆる行動がライセンス化された国で、ライセンスがすべて奪われた学生のお話 (上)

この国ではすべてに置いてライセンスが必要だ。

運転は当然、あらゆる職業それぞれにライセンスが存在する。
もっと言えば、学校へ通うのも、勉強をするのも、買い物をするにもライセンスが必要だ。すべては許可制なのである。
許可を得て皆は進学し、就職していくのだ。

2019/02/24

魔法少女の身体がぬいぐるみになってしまって負けた話(3)

ガサゴソとなにかを探すような音で目が覚めました。

…いや、人形の私は眠る必要もないし、眠くもならないのですけど…。
四六時中意識を覚醒させておくと、気持ちがいろいろとすり減っていってしまうので、私は夜の誰もいない間は心の中で目をつむるようにすることで、自分の意志で眠りにつくようにしているのです。

(…誰か入ってきた?)

2019/02/21

魔法少女の身体がぬいぐるみになってしまって負けた話(2)

「ありがとうございましたー、またのご来店をお待ちしておりますー」

若い女性の店員の声を何十回、何百回…いやソレ以上でしょうか。。どれだけ聞いたかわかりません。
私がこの店に来てからすでに何日立ったのか…。
最初のうちは数えていた日付も繰り返される同じような日々の繰り返しで記憶が曖昧になってきてしまっています。
わかるのは店員やお客さんの服装から四季が一周したのだろう、という大雑把なことだけです。

2019/02/20

どっちがきよひこ?(1)

私は一人っ子だったはずだ。
だが、目の前に今もうひとりの自分が困惑顔で座っている。
その容姿は双子以上にそっくりで、仕草や口調もまるで私と変わらない。
クラスの皆も、教師も困惑顔だ。

2019/02/19

不思議な教室

俺達のクラスは平和だ。
争いや対立、派閥というものがない。
いじめというものもない見たことがない。
居心地がよく、イベントにはそれなりにまとまるが、同調圧力はなく参加しなくても無理に強制されるようなこともない。

2019/02/14

魔法少女の身体がぬいぐるみになってしまって負けた話

「浄化の光よ、悪い心を封印せよ!」

杖から発せられた虹色の光が、黒い瘴気を纏った敵を包み込む。
わたしのこの魔法は敵を疲れさせなければ効果を発揮することができないんですが、当たれば問答無用の強さを誇るんです。

2019/02/04

男の娘タグ

最近不思議なことが起きているような気がする。
気がするってのは確証がないというか、そもそも俺の勘違いじゃないかとかそんな感じで説明ができない。