Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
(Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese )

Boothにて支援商品を掲載しております。
全品100円です。
ファンサイトの類は所持しておりませんので、danna_storyを応援していただける方はこちらを購入して支援いただけますと幸いです。

[5月の作品] (TF) 豚化小説 Booth
[5月の作品] (部分交換) チェンジ・コンプレックス Booth
[6月の作品] (TSF)青いリボンから始まる俺の人生 Booth
[7月の作品] (入れ替わり) 私⇔ダッチワイフ Booth
[8月の作品] (部分交換/入れ替わり) 彼女の入れ替えアプリBooth
[9月の作品] 強制ダイエット / 転生症Booth
[10月の作品] 僕達兄妹には不思議な能力がある / 交通事故で日替わり憑依 Booth
[12月の作品] 名札バトルロイヤル Booth
[1月の作品] 実は人類は負けていました / 神様はいつもあなたのそばに Booth
[2月の作品]
健全な精神は健全な肉体に宿るべきBooth
[3月の作品]
徐々に女の子になっていったら、困ると思ったのに Booth
[4月の作品] クロス・ロード Booth
[5月の作品] 騎士団長がおてんば姫になって少し苦労するお話 Booth
[6月の作品] おやすみ
Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2018/12/04

とある女性会社員の退社後を追ってみた。

「だー!!!もう!」

電車を降りて家まで飛ぶように帰り玄関の扉を閉める。
部屋はエアコンのタイマーを入れておいたためポカポカ暖かい。
玄関前で着ていたスーツを脱いでハンガーに駆ける。
 シャツもインナータンクトップも脱ぎ捨てて洗濯機の方向へ放り投げた。
背中に手を回しブラホックを外すと、ようやく肩紐やワイヤーの締めつけ感から開放された。その代償に支えていた機能を失い、胸から肩にかけてにずしりとした重力が発生する。
…ブラは…投げ捨てようとしてとどまり、籠に入っていた洗濯ネットに入れた。


「…あーもう、最悪」

小走りで帰ってきたために少し汗ばんでいる。
走ろう、と思ってもタイトなスカートでは歩幅が制限されるので本気で走ることはできない。
…靴もヒールが数cmあるのだ。

「…はー。本当なんでこんなことになってんだ」

寝室(といっても1kだけど)に入ると、スカートのホックを外し、降ろす。
スカートは皺にならないようにスーツと一緒にかけておく。

黒のタイツがつま先からウェストまでを包んでいる。
デニール厚めのタイツは暖かいのだが、「細く魅せる」とパッケージに書いてあったとおり着圧がものすごく強く、常に圧迫感を与えてくるのだった。
外にいる時は心強いタイツも、オフィスや家のような暖房が効いている部屋では軽く暑く、じんわりと汗湿っている感じすらする。


破けないように慎重に、かつ最速で脱いで放り投げる。
ベッドの隅にしわくちゃなタイツが乗っかった…放って置くと壁とベッドの隙間に落ちて見つからなくなるけど…改めて拾うのも面倒くさい。 
足が直接部屋の空気にさらされ、ようやく全身が開放された。
ショーツ1枚の姿のままベッドへダイブ…したかったがソレをこらえ洗面所へ。あのままベッドで寝るとシーツに惨劇が起きるのだ。
…本来であれば服を脱ぐ前にするべきことなのだが。

ほぼ無意識にメイクを落としていく。
もう鏡に張られた付箋の手順を見る必要すらない。

メイクも落とし終わったので部屋に戻る…前に。
浴室を見てしまうと身体がムズムズとしてくる。
…まあそうだよな。
お風呂に入ってしまおう。

湯船を張る気力もないのでシャワーだけで済ます。
長い髪の毛を束ねてタオルで包み、濡れないようにする。
洗ってしまうと乾かすのに時間がかかりすぎるからだ。
今日は洗わなくてもいいや、と妥協する。

乱暴に身体を洗う。
前はおっかなびっくり洗っていたが、最近はなんとも思わなくなっている。
その大きな柔らかい胸に触れようが、なにもない股間を洗おうが、そこに特別な感情は沸かない。

15分そこそこ、ほぼ行水だ。
全身を拭き、用意してあった綺麗なショーツだけを履いて、ポカポカと温まった身体をそのままベッドへダイブさせた。
「いたっ」

胸が圧迫されて痛みが走る。
このあたりはたまにうっかりとやってしまう。
ちゃんと意識をしていないと目の前の2つの物体を忘れて行動しがちなのだ。
立ち上がる時にバランスを崩したり、狭い通路ですれ違う時に壁側に向くのを忘れて背を向けてしまい、相手に胸を当ててしまったりしまう。

もそもそと身体を動かして横向きに転がる。
バストが横に、鏡餅のように積み重なり、すこし不快感。

「…んー…あーどこだ」

枕の下やベッドの下あたりに手を回してもぞもぞと探す。
あった…ナイトブラだ。洗ってないけど…まだ大丈夫。
寝転がったままシャツを着るように身につける。
本来は立って整えてやるべきだけど…面倒くさい。
胸がホールドされて包まれている感じになる。

「ワイヤーは痒くてしょうがないけど…やっぱりこれは楽だなあ」

…これを着て会社に言ったらあいつに物凄い怒られたけど…。
あくまで寝ている時に崩れないようにするためのものだから、と。

毛布を引っ張り上げて身体を覆う。
お腹丸出しで寝るとお腹壊しやすいけど…今日は寒くないし大丈夫、多分。
ああ、昔なら帰ったら全裸になって1分以内にベッド直行だったのにな。
なんでこんなことになってんだか。

「…あいつが出張から帰ってくる前には掃除しないとなぁ…」
スマホを取り出して見るがあいつからメッセージはない。
すこしディスプレイが汚れてるのを見て、胸に押し付けてコシコシと拭く。
ナイトブラで綺麗に拭き取られたディスプレイを見て満足し、充電ケーブルにつなげて放り投げる。

加湿器に電源を入れて、「俺」はようやく眠りについた。


(続きません)

0 件のコメント:

コメントを投稿