Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
(Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese )

Boothにて支援商品を掲載しております。
全品100円です。
ファンサイトの類は所持しておりませんので、danna_storyを応援していただける方はこちらを購入して支援いただけますと幸いです。

[5月の作品] (TF) 豚化小説 Booth
[5月の作品] (部分交換) チェンジ・コンプレックス Booth
[6月の作品] (TSF)青いリボンから始まる俺の人生 Booth
[7月の作品] (入れ替わり) 私⇔ダッチワイフ Booth
[8月の作品] (部分交換/入れ替わり) 彼女の入れ替えアプリBooth
[9月の作品] 強制ダイエット / 転生症Booth
[10月の作品] 僕達兄妹には不思議な能力がある / 交通事故で日替わり憑依 Booth
[12月の作品] 名札バトルロイヤル Booth
[1月の作品] 実は人類は負けていました / 神様はいつもあなたのそばに Booth
[2月の作品]
健全な精神は健全な肉体に宿るべきBooth
[3月の作品]
徐々に女の子になっていったら、困ると思ったのに Booth
[4月の作品] クロス・ロード Booth
[5月の作品] 騎士団長がおてんば姫になって少し苦労するお話 Booth
[6月の作品] おやすみ
Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2018/04/06

違和感

ふと鏡を見ると違和感がある。

「…俺ってこんな顔だったっけ?」

親に聞いたら何を馬鹿な事を言ってるのだ、と飽きれられた。
妹にも「何?ナルシストなの?にーちゃんやべー」と言われる始末。

「…うーん」
角度を変えて自分の顔を見る。
こんな顔小さかったっけ、俺…?
水泳で鍛えた身体に対して顔、小さすぎない?首、細すぎない?
(日焼け止め、塗ってたっけ?)
首から下は日焼けしまくっているのに首から上は透き通るように白い。

髪の毛もこんなに長かったか…?
肩から胸の間ぐらいまで伸びた、茶色に染めてある髪に手を触れる。
1本1本が細くて長く、サラサラと手から溢れる。
もっとプールの塩素でボサボサだったような。…気のせいかなぁ。
俺は"いつもののように"軽くヘアアイロンをあてて毛先をカールさせる。
後ろの髪は手でざっとまとめあげ、ゴムで結ぶ。
ばっちり決まった。

はて、目もこれだけパッチリしてただろうか。
睫毛もこんな長かっただろうか。
眉毛、俺整えてたっけ…?整えてたかな。
ちょっとだけ気になるところを小さなハサミでカットをした。

んー…唇、こんな厚めというか…艷やかだっけ。あー、と大きく口を開けてみる。
白くきれいに並んだ歯とチロリと見える小さな舌。ふむ。

 「なんか変だなあ…まあでも急に顔が変わるわけがないよなあ」

…あれ、声も高くなってるような。
 前はもっと低かったような…いや、前からこの声だったような。
うーん、わからん…っとそろそろ時間だ。
急いで学ランを取り出して着替えて再度鏡を見る。
俺ってこんなヒョロっとした顔だったかなぁ…。
なんというか学ランより女の制服の方が似合いそうな…。って何考えているんだ。

寝ぼけてるな俺。早く学校行こ。

0 件のコメント:

コメントを投稿