Author : danna (だんな) / danna_story
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。
You can't translate and re-upload my novels without my permission. please contact me.
Permission : 月色世界 2 3

Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。応援していただければ嬉しいです。
2020年7月の作品まで公開されております。

PixivFanboxもやっております。 PixivFanbox
こちらは月額100円から入れるサブスク系のサービスです。その月の支援作品はこちらでも閲覧することができます。
また、BlogやPixivより先行して公開される、一部は限定作品となるため、多く・早く読みたい方におすすめです。

Boost、fanboxでご支援いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。

Artifact Code : 'welcomeMySite' (アポストロフィは不要です)

2018/04/06

違和感

ふと鏡を見ると違和感がある。

「…俺ってこんな顔だったっけ?」

親に聞いたら何を馬鹿な事を言ってるのだ、と飽きれられた。
妹にも「何?ナルシストなの?にーちゃんやべー」と言われる始末。

「…うーん」
角度を変えて自分の顔を見る。
こんな顔小さかったっけ、俺…?
水泳で鍛えた身体に対して顔、小さすぎない?首、細すぎない?
(日焼け止め、塗ってたっけ?)
首から下は日焼けしまくっているのに首から上は透き通るように白い。

髪の毛もこんなに長かったか…?
肩から胸の間ぐらいまで伸びた、茶色に染めてある髪に手を触れる。
1本1本が細くて長く、サラサラと手から溢れる。
もっとプールの塩素でボサボサだったような。…気のせいかなぁ。
俺は"いつもののように"軽くヘアアイロンをあてて毛先をカールさせる。
後ろの髪は手でざっとまとめあげ、ゴムで結ぶ。
ばっちり決まった。

はて、目もこれだけパッチリしてただろうか。
睫毛もこんな長かっただろうか。
眉毛、俺整えてたっけ…?整えてたかな。
ちょっとだけ気になるところを小さなハサミでカットをした。

んー…唇、こんな厚めというか…艷やかだっけ。あー、と大きく口を開けてみる。
白くきれいに並んだ歯とチロリと見える小さな舌。ふむ。

 「なんか変だなあ…まあでも急に顔が変わるわけがないよなあ」

…あれ、声も高くなってるような。
 前はもっと低かったような…いや、前からこの声だったような。
うーん、わからん…っとそろそろ時間だ。
急いで学ランを取り出して着替えて再度鏡を見る。
俺ってこんなヒョロっとした顔だったかなぁ…。
なんというか学ランより女の制服の方が似合いそうな…。って何考えているんだ。

寝ぼけてるな俺。早く学校行こ。

0 件のコメント:

コメントを投稿