Author : danna (だんな) / danna_story
本サイトで公開されている小説の無断の公開、翻訳は許可しておりません。かならず一言事前にご連絡ください。
You can't translate and re-upload my novels without my permission. please contact me.
Permission : 月色世界 2 3

Boothにて支援商品を掲載しております
全品100円です。応援していただければ嬉しいです。
2020年7月の作品まで公開されております。

PixivFanboxもやっております。 PixivFanbox
こちらは月額100円から入れるサブスク系のサービスです。その月の支援作品はこちらでも閲覧することができます。
また、BlogやPixivより先行して公開される、一部は限定作品となるため、多く・早く読みたい方におすすめです。

Boost、fanboxでご支援いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。

Artifact Code : 'welcomeMySite' (アポストロフィは不要です)

2018/04/07

変化ウィルス(3)

「えーと、み・ず・を・の・ん・だ・ば・あ・い」

検索サイトで対策を調べてるアキ。
ある程度水は排出されたのだが、身体内部のいたるところで水が残っている感触がわかる。



「うわ、そのままにしておくとカビるって」
うーん、もとに戻るときにそのカビは身体に悪そう。

「水を出すために、まずは逆さまにする…と」

ってうわっ。
アキが私の濡れたパジャマとパンツを脱がした後、両脚をつかみ、ぐっと持ち上げる。
頭を支点として私は倒立したような体勢になる。

(うっ、なにするのよ。もうちょっと丁寧に扱いなさい)

胃や腸に残っていた水が逆流し、口から鼻からポタポタと出てくる。
「あ、ごめん、上のパジャマも濡れちゃいそう…脱がすね」
あっという間にボタンを外され、上半身も裸となる。
真っ裸で倒立させられるなんて考えたこともなかった。
胸のシリコンはそれなりに柔らかいままなのか、重力に従って頭の方へ引っ張られる。

「えっと…このあとは、画像のようなポーズで立たせるのね…うんしょっと」

ベッドから降ろされ、立たされる。
バランスを取れないため、フラフラぐらつく。

「お姉ちゃんしっかり立ってよもう」

無茶言わないで欲しい。
アキはスマホに表示されているポーズになるよう、若干腰を落とした状態で足を開脚させられる。
裸のままあられのない姿を妹に見せつけるように立つ私。

そして私の手を肩の高さで真横に伸ばすと、漢字の大のような体勢となる。
アキは再度スマホを睨む。

「えーと、えっ。こんなことするの。うーん」
アキは引き出しをガサゴソと漁る。
「あったあった」
取り出したのは、フィルムケース。
お父さんがもう使わないから、といって捨てようとしていたのを、イヤリングなどのアクセサリーケースとして使っているやつだ。
アキはケースの蓋を外し、中身を空にすると、器用にケース底に穴を開ける。
何をするつもりなんだろう?

「ごめんね、お姉ちゃん…えいっ」

ズボっという音がした…ような気がした。
(んぐうう!???)
アキが私の後ろの穴にケースを突っ込んだのだと気がつく。

「ごめんね、水が出てくるようにストローみたいなものをさせって…」

(じゃあストローを挿せばいいだろ!!太すぎるわ!!!)

睨みすぎて目が痛い。
もとに戻ったら覚えてろ。

ポタポタとケースを伝って水が出始める。

「タオルをひいてと…これと逆立ちを30分おきに繰り返して水を出すんだって」

(………)

私は目で、自分の口を閉じさせてくれ、と訴えてみる。先程からずっと口を開けて舌を突き出している体勢のままなのだ。

「え…?ああ、口…?空気を通すために開けておくんだって。ごめんねほんとに、反省してるんだよ」

ちょっとしおらしい態度を取るアキ。
まあ、不慮の事故なのは間違いないし、頑張って対処してくれたわけだし…

「あ、お母さんがご飯って呼んでる!行ってくるね!」

…許そうと思ったがやめた。
鏡を見るとそこには情けない格好をして、お尻に筒を挿して水をポタポタ垂らしつづける私が、無表情のまま立ち続けていた。







0 件のコメント:

コメントを投稿