Author : danna (だんな) / danna_story
状態変化、TSF、獣化の片隅にひっそり生きてます。
作品の感想は各エントリーのコメント欄にお願いいたします。返事をお約束するものではありませんが、必ず目を通しております。
(Please let me know what you feel about my novels. You can write in English or Japanese )

Boothにて支援商品を掲載しております。
全品100円です。
ファンサイトの類は所持しておりませんので、danna_storyを応援していただける方はこちらを購入して支援いただけますと幸いです。

[5月の作品] (TF) 豚化小説 Booth
[5月の作品] (部分交換) チェンジ・コンプレックス Booth
[6月の作品] (TSF)青いリボンから始まる俺の人生 Booth
[7月の作品] (入れ替わり) 私⇔ダッチワイフ Booth
[8月の作品] (部分交換/入れ替わり) 彼女の入れ替えアプリBooth
[9月の作品] 強制ダイエット / 転生症Booth
[10月の作品] 僕達兄妹には不思議な能力がある / 交通事故で日替わり憑依 Booth
[12月の作品] 名札バトルロイヤル Booth
[1月の作品] 実は人類は負けていました / 神様はいつもあなたのそばに Booth
[2月の作品]
健全な精神は健全な肉体に宿るべきBooth
[3月の作品]
徐々に女の子になっていったら、困ると思ったのに Booth
[4月の作品] クロス・ロード Booth
[5月の作品] 騎士団長がおてんば姫になって少し苦労するお話 Booth
[6月の作品] おやすみ
[7月の作品] 憧れの少女のすべてを奪い取った結果 Booth


Boostしてお買い上げいただいた支援者の方にはここで厚くお礼申し上げます。

2018/04/07

変化ウィルス(3)

「えーと、み・ず・を・の・ん・だ・ば・あ・い」

検索サイトで対策を調べてるアキ。
ある程度水は排出されたのだが、身体内部のいたるところで水が残っている感触がわかる。



「うわ、そのままにしておくとカビるって」
うーん、もとに戻るときにそのカビは身体に悪そう。

「水を出すために、まずは逆さまにする…と」

ってうわっ。
アキが私の濡れたパジャマとパンツを脱がした後、両脚をつかみ、ぐっと持ち上げる。
頭を支点として私は倒立したような体勢になる。

(うっ、なにするのよ。もうちょっと丁寧に扱いなさい)

胃や腸に残っていた水が逆流し、口から鼻からポタポタと出てくる。
「あ、ごめん、上のパジャマも濡れちゃいそう…脱がすね」
あっという間にボタンを外され、上半身も裸となる。
真っ裸で倒立させられるなんて考えたこともなかった。
胸のシリコンはそれなりに柔らかいままなのか、重力に従って頭の方へ引っ張られる。

「えっと…このあとは、画像のようなポーズで立たせるのね…うんしょっと」

ベッドから降ろされ、立たされる。
バランスを取れないため、フラフラぐらつく。

「お姉ちゃんしっかり立ってよもう」

無茶言わないで欲しい。
アキはスマホに表示されているポーズになるよう、若干腰を落とした状態で足を開脚させられる。
裸のままあられのない姿を妹に見せつけるように立つ私。

そして私の手を肩の高さで真横に伸ばすと、漢字の大のような体勢となる。
アキは再度スマホを睨む。

「えーと、えっ。こんなことするの。うーん」
アキは引き出しをガサゴソと漁る。
「あったあった」
取り出したのは、フィルムケース。
お父さんがもう使わないから、といって捨てようとしていたのを、イヤリングなどのアクセサリーケースとして使っているやつだ。
アキはケースの蓋を外し、中身を空にすると、器用にケース底に穴を開ける。
何をするつもりなんだろう?

「ごめんね、お姉ちゃん…えいっ」

ズボっという音がした…ような気がした。
(んぐうう!???)
アキが私の後ろの穴にケースを突っ込んだのだと気がつく。

「ごめんね、水が出てくるようにストローみたいなものをさせって…」

(じゃあストローを挿せばいいだろ!!太すぎるわ!!!)

睨みすぎて目が痛い。
もとに戻ったら覚えてろ。

ポタポタとケースを伝って水が出始める。

「タオルをひいてと…これと逆立ちを30分おきに繰り返して水を出すんだって」

(………)

私は目で、自分の口を閉じさせてくれ、と訴えてみる。先程からずっと口を開けて舌を突き出している体勢のままなのだ。

「え…?ああ、口…?空気を通すために開けておくんだって。ごめんねほんとに、反省してるんだよ」

ちょっとしおらしい態度を取るアキ。
まあ、不慮の事故なのは間違いないし、頑張って対処してくれたわけだし…

「あ、お母さんがご飯って呼んでる!行ってくるね!」

…許そうと思ったがやめた。
鏡を見るとそこには情けない格好をして、お尻に筒を挿して水をポタポタ垂らしつづける私が、無表情のまま立ち続けていた。







0 件のコメント:

コメントを投稿